地球上で最も大きいイカ【ダイオウホウズキイカ】

地球上で最も大きいイカ【ダイオウホウズキイカ】

世界一大きなイカと言えば、ダイオウイカが有名だ。

だがしかし、実はダイオウイカではない。

ダイオウホウズキイカと呼ばれるものだった。
ダイオウボウズイカ

ダイオウイカと比べるとイカのミミの部分が幅広く、巨大で全長18メートル以上はあり、ダイオウイカよりも遥かに大きい。

目玉はビーチボールくらいにもなり、ダイオウイカとの違いはダイオウイカでは触腕に歯形の吸盤がついているのに、ダイオウホオズキイカは鉤爪がついている。

エネルギー消費を抑えるために、深海をただ、漂っているだけで5kgのアイナメを一匹食べれば200日は生きてられると言われている。

陸上での呼吸器官を持たないので引き上げられたらすぐに死んでしまい、なかなか生態がわかっていない。

今後、研究が進むにつれて、深海に潜る機械も良くなっていけばダイオウホオズキイカの生きた姿も捉えられるかもしれない。

最大-生き物カテゴリの最新記事