【観測史上】世界最高齢の動物【明(ミン)】

【観測史上】世界最高齢の動物【明(ミン)】

これまで記録されている動物の単一個体で世界最高齢は、軟体動物の二枚貝である明(ミン)。

アイスランドガイで、なんと507歳だ。
ハマグリ

2006年、イギリスの研究チームが過去の気候変動を調査するために採取した。

明が生まれたころ、レオナルド・ダ・ヴィンチは『モナ・リザ』を製作中で、中国は明王朝(これが名前の由来)。

日本は室町時代だった。

研究チームが明の貝殻にある木の年輪のような模様から年齢を算定したところ、405歳から410歳と推定された。

その後、放射性炭素年代測定法を導入して調査した結果、507歳であることが判明。

アイスランドガイは見た目には若い貝と高齢の貝の区別がつきにくい。

欧米では食用としてもよく利用されるため、もしかしたら知らないうちに明より長寿のアイスランドガイが料理にだされているかもしれない。

ちなみにこれはチートなのだが、人類の永遠のテーマである「不老不死」を実現させている動物がいる。

ベニクラゲだ。

ある説によると500,000,000歳の猛者もいるらしい。

最長-生き物カテゴリの最新記事