オリンピック史上最も遅くマラソンをゴールした男【金栗四三】

オリンピック史上最も遅くマラソンをゴールした男【金栗四三】

金栗四三(かなくりしそう)は日本のマラソン選手であり、日本における「マラソンの父」として讃えられている偉人である。
金栗四三

1911年ストックホルムオリンピックに向けてマラソン大会に出場した彼は、当時の世界記録を27分も縮める大記録(2時間32分45秒)を出し、日本人初のオリンピック選手になった。

1912年本番であるストックホルムオリンピックで、彼はレース中に日射病によって倒れ、ゴールすることができなかった。
金栗四三

通常は、「棄権」として取り扱われるはずである。しかし、ストックホルムオリンピックでは棄権の意思がオリンピック委員会に伝わっておらず、「競技中に失踪し行方不明」として扱われていた。

1967年金栗四三は、スウェーデンのオリンピック委員会からストックホルムオリンピック開催55周年を記念する式典に招待された。

オリンピック委員会は金栗四三が「棄権」ではなく「行方不明」と扱われていることに気がつき、金栗四三をこの時でゴールさせることにした。

その時のタイムは54年8か月6日5時間32分20秒3。

ちなみに彼がゴール後のに放った言葉は

「長い道のりでした。この間に孫が5人できました」

彼は、1983年11月13日92歳で死去した。

最長-概念カテゴリの最新記事