世界で最も暗殺計画が企てられた人物【フィデル・カストロ】

世界で最も暗殺計画が企てられた人物【フィデル・カストロ】

フィデル・カストロは1959年のキューバ革命でアメリカ合衆国の事実上の傀儡政権であったフルヘンシオ・バティスタ政権を武力で倒し、キューバを社会主義国家に変えた英雄である。

View this post on Instagram

Kenichi Tsuyuki®︎さん(@kchtsk09sept)がシェアした投稿

そんな彼は「世界一暗殺計画が企てられた人物」としてギネスブックにも載っており、もちろん未だにその記録は破られていない。

暗殺計画の数は638件であり、全て厳重な警戒のもと「計画」で終わらせてきた。

世界でも有数の権力を持っていたアメリカに対してゲリラ対戦をし、見事アメリカに打ち勝ったキューバの英雄。

それは、世界的にも認めらたと同時に恐れられる存在になったからこそ「世界一」といえるほどのこれだけの数の暗殺計画が起こったのだ。

ちなみにフィデル・カストロは親日家であり、

自宅に日本庭園を造園していた。

最多-生き物カテゴリの最新記事